従業員エンゲージメントを可視化するアンケート調査方法と人事データ分析術とは?|HR-Study#17

日時

2022年02月03日 15:00 - 16:30

提供 HR NOTE
開催場所 オンライン
申込締切日時 2022年02月03日 15:00
定員数 100名
参加者の募集は終了しました

「従業員のエンゲージメントを高めたい」と考える人事担当者や経営者の方は多いのではないでしょうか。新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく変わりつつある現代において、企業側が各従業員が望む働き方に併せた環境体制を整え、従業員に選ばれる企業であり続けることはとても大事になってきています。そのため、最近改めて重要視されている手法が「エンゲージメント調査(パルスサーベイ)」です。今回のHR-Studyでは、従業員エンゲージメントを把握するためにおこなうアンケートの取り方から、データをもとにした具体的な改善施策や取り組みについて、各社が実際におこなっている事例をもとに学ぶ機会を設けさせていただきます。従業員の意見を把握し、制度として落とし込むためのファーストステップであるエンゲージメント調査について考えていきます。

このような方におすすめ!
● 従業員のエンゲージメントを高めたい、従業員エンゲージメントを可視化する方法を知りたい
● 他社が従業員にどのようなアンケートを取っているのか、具体的な手法や事例について知りたい
● 従業員にとったアンケート結果について、どのように施策に反映させていくべきなのか知りたい

イベント内容

『従業員エンゲージメント調査』 をテーマに、下記の内容についてディスカッションします。(一部変更になる可能性がございます)

【1】各社によるライトニングトーク
:1人10分でライトニングトーク。

テーマ:“各社が実践する従業員エンゲージメントを可視化するアンケート調査方法とは”

※ライトニングトークで使用した資料については、セミナー終了後に参加者の皆さまに送付させていただく予定ですので、社内で活用する資料として、ぜひご活用ください。

【2】パネルディスカッション
:以下の設問項目を設け、アンケートで視聴者の皆さまの関心が高かった項目を登壇者が回答します!
▼設問項目
①エンゲージメント調査を実施するために設けているNG項目
②従業員エンゲージメントが高いと思う企業とその理由
③エンゲージメント調査を実施しようとして失敗した事例
④エンゲージメント調査を実施する上でリーダ層に求めていること
⑤メンバー同士が衝突することは必要か
⑥明日からできるエンゲージメント可視化への第一歩
⑦従業員エンゲージメントを計測するための指標とは
⑧リモートワークになって社員から多く受けるようになった相談事
など

【3】質疑応答
:登壇者の方々へのご質問は、ウェビナー中にリアルタイムで受け付けておりますので、お気軽に投稿ください。順次、お答えさせていただきます。

今回の参加者

● 萩原 佑一|PayPay株式会社人事部 HRBP/企画 Manager


フランス留学を挟み大学を卒業後、大手メーカーに入社。グローバル人事(制度企画・HRBP)、副社長直下組織などを経て、2019年11月にPayPayに入社。WFA(Work From Anywhere at Anytime)の制度導入も含めたHRMサイクルの全般に携わる。MBA取得。

● 松尾 恵梨子|SHE株式会社 人事責任者


2014年中央大学経済学部卒業。大学在学中に公認会計士試験に合格。新日本有限責任監査法人入社。会計監査業務に従事。激しいミスマッチで2年でジョブチェンジを決意。2016年リクルートキャリア新卒メディア事業事業部総合企画部にて大手企業向けのコンサル営業に従事。2020年SHE株式会社入社。コミュニティマネージャーやコーチングリードを経て、11月より人事責任者に。その他プライベートでコーチとしても活動中。

● 小野 拓馬|合同会社DMM.com組織管理本部人事部BPグループGAMESチーム


2013年4月に新卒で日本エス・エイチ・エル株式会社へ入社後、2018年3月に合同会社DMM.comに入社。育成推進グループを経て、現在のEXNOA人事チームにてHRBP業務に従事。2019年3月に国家資格キャリアコンサルタントを取得。組織開発やマネジメント教育の施策の企画、実行。また、Geppoの導入、運用の主担当として、日々社員とのコミュニケーションを大事にし、個人の成長、事業の成長に貢献できるように邁進中。

● 【モデレーター】西村 創一朗|株式会社HARES CEO/複業研究科/HRマーケター

新卒でリクルートキャリアに入社後、法人営業・新規事業開発・中途採用などを歴任。在職中の2015年に「二兎を追って二兎を得られる世の中を創る」をミッションに株式会社HARES(ヘアーズ)を創業後、2017年に独立。今回のテーマである「オンボーディング」を含め採用・人事領域を中心に多数の企業のアドバイザーを務めるほか、人事系イベントのモデレーター/ファシリテーターとしても活躍。著書に『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)がある。

開催日時

2022年2月3日(木) 15:00-16:30 
※多少時間が前後する場合もございますので、あらかじめご了承ください。

当日の流れ

15:00~ 挨拶(主催・モデレーターより)
15:05~ 登壇者自己紹介
15:35~ 各テーマに関してディスカッション
16:20~ 質疑応答
16:30 終了

※途中からの視聴も可能ですので、お気軽に視聴予約をしていただければと思います。
※当日は、チャットで随時質問を受け付ける予定ですが、あらかじめ参加者に聞きたい内容がある方は、視聴予約をする際に自由記入欄にその内容を記載してください。

視聴方法

視聴予約フォームより視聴予約を完了してください。後日、当日利用できるURLをメールにてお送りいたします。(zoomにて配信予定です。)

◆「HR-Study」とは◆
人事お役立ちメディア「HR NOTE」が主催する、人事担当者向けの勉強会です。HR NOTE編集部では、人事担当者が抱える悩みを解決するために、ある人事関連のテーマに沿って各社が抱える悩みや実際の取組について共有する機会を定期的に設けさせていただいております。毎回、普段聞くことのできないような参加者同士の白熱したディスカッションが繰り広げられるHR-Studyですが、会を盛り上げていただける視聴者の方をメルマガ会員限定で募集いたします。質問や意見なども随時受け付ける予定ですので、お気軽に視聴予約をしていただければと思います。また、後日記事コンテンツ化して公開する予定です。

【HR-Studyの過去開催実績はこちら!】
<第1回>オンボーディング
https://hrnote.jp/contents/hr-study1-onbording/
<第2回>採用広報
https://hrnote.jp/contents/hr-study2-kouho/
<第3回>新卒採用×コロナ
https://hrnote.jp/contents/hr-study3-onlinesaiyo/
<第4回>従業員エンゲージメント
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hr-study4-engagement-0910/
<第5回>CxO採用
https://hrnote.jp/contents/saiyo-hr-study5-cxo-0927/
<第6回>人事評価制度
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy6-hyouka-1028/
第7回>採用管理システム
https://hrnote.jp/contents/saiyo-hrstudy7-ats-1211/
<第8回>
テーマ:2021年への次の一手
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy8-3chro-0222/
<第9回>
テーマ:採用オウンドメディア
https://hrnote.jp/contents/saiyo-hrstudy9-ownedmedia-0216/
<第10回>
テーマ:メンタルヘルス
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy10-mentalhealth-0316/
<第11回>
テーマ:心理的安全性×組織論
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy11-shinritekianzensei-20210615/
<第12回>
テーマ:面接術
https://hrnote.jp/contents/saiyo-hrstudy12-mensetsu-20210729/
<第13回>
テーマ:内定者フォロー
https://hrnote.jp/contents/saiyo-hrstudy13-naiteisyafollow-20210906/
<第14回>
テーマ:2on2
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy14-2on2-20211118/
<第15回>
テーマ:HRデータ活用
https://hrnote.jp/contents/soshiki-hrstudy15-data-20211213/

【お問い合わせ】
jinjer株式会社 HR NOTE編集部
メールアドレス:info_hrnote@jinjer.co.jp(担当:根本・金井)
※当日は、チャットで随時質問を受け付ける予定ですが、あらかじめ参加者に聞きたい内容がある方は、視聴予約をする際に自由記入欄にその内容を記載してください。